USPとその役割。

 

こんにちは!

 

昨日更新した、

25万円のうまい棒。 - やりたくないことで一生を終わらせたくないアナタへ。

という記事では、『ブランディング』について書きました。

 

 

そのうちのインナーブランディングとして、今日は

『USPの確立』について書いていきます。

 

 

そもそも、USPとは?

 

Unique Selling Proposition(ユニークセリングプロポジション)

の略です。

 

 

直訳すると、「独自の販売条件」です。

「強い宣言」ということです。

 

USPについて説明されるときに、よく使われる『ドミノピザ』の例を挙げてみます。

 

================

 

You get fresh, hot pizza delivered to your door in 30 minitues or less - or it's free !

 

焼きたてアツアツのピザを、玄関まで30分以内に。

間に合わなければ、お代はいただきません。

 

================

 

 

当時、「30分以内にお届けする」のは特別なことではありませんでしたし

他社も普通に行われていることだったそうですが、

 

他社でこのような「強い宣言」をしているところはありませんでした。

 

 

USPを確立するのは、普通にできることを

「力強く宣言する」だけでいいのです。

 

他の人ができることでも、力強く宣言をすることで

競合より優位に立つ。

 

ここに、USPの本質があります。

 

 

 

USPのマーケティング上の

役割とは?

 

 

それはズバリ、顧客の切り落としです。

 

 

先ほどのドミノピザの例で話しをすると、

ドミノピザは「早さ」については言及していますが、

「美味しさ」や「量」などには全く言及していません。

 

 

当然、ピザを食べたいと思っているお客さんの中には

「味はともあれ、とにかく早く」

「時間がかかってもいいから、とにかく美味しく」

「味は普通レベルでいいから、とにかくお腹いっぱいになりたい」

といった、いろいろなお客さんがいます。

 

 

ドミノピザは、下の二つの顧客を切り落とすことによって、

「とにかく早く」と思っているお客さんに強烈なメッセージを送っているのです。

 

 

顧客の切り落としができなければ、どのニーズのお客さんにも響きません。

 

もちろん、アナタの商品が売れることもありませんし、

アナタの商品が有名になることもありません。

 

 

アナタが、「自身のビジネスをうまく回したい」と思うのであれば、

思い切った顧客の切り落としをしたUSPを作ってみてくださいね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

================

~追伸~

 

1.ブログや、Twitterでは公開できない情報を、
line@で公開しています!

 

f:id:katsu1081688:20170112185735j:plain

 

こちらのline@に連絡を下されば、
僕のiPhoneをブルブルっと振動させ、
直接僕のもとにメッセージが届きます。

気軽に登録ください!

line@ID:@gbb3922l
(@をお忘れなく!)

 

LINE Add Friend QR code

 

2.月に先着10名様限定で、
大阪にて無料相談会をしています。

 

↓お申し込みはコチラから↓

関西の大学生へ。